HighLow.comの取引オプション

ハイローで取引したいけどやり方が分からないという方は案外、多いのではないでしょうか。ここでは、ハイローのやり方を解説していきます。

ハイローとは

まずはハイローがどのような業者なのかというところから丁寧に解説します。

ハイローはマーシャル諸島に拠点を置く海外バイナリーオプション業者です。

ハイローの特徴は以下のようになります。

1.口座開設数No.1
2.ペイアウト率1.8倍から2.30倍
3.最短即日出金対応
4.無料デモ取引による操作確認可能

なんと言ってもハイローは海外バイナリーオプションの中で最も人気のある業者なので出金トラブルの心配なく安心して利用することができます。

HighLow(ハイロー)の特徴

ここからはハイローの特徴を紹介します。

 

上下を選ぶだけで取引が簡単(取引方法の紹介)

 

ハイローは「上(High)」か「下(Low)」か選ぶだけで、とにかく簡単です。

実際に取引している画面と操作を紹介します。

 
画面は30秒でEUR/USD
 

自分が取引したい「時間」と「通貨」を選択。(画面は30秒でEUR/USD)

 
取引する金額を入力
 

取引する金額を入力します。

 
「High」か「Low」を選択して「今すぐ購入」
 

「High」か「Low」を選択して「今すぐ購入」を押します。押した瞬間にエントリーされます。(画像は10000円でHigh)

右端の取引時間終了時に矢印より上なら成功です。

 
予想通りだと画像のように緑色の表示
 

予想通りだと画像のように緑色の表示となっていて見やすいです。

 
取引終了
 

これで時間に到達したら「取引終了」と表示され、画像のように確定します。

たった30秒で10000円の利益となりました。(デモトレード)

これだけで取引できるので非常に簡単ですよね。

ハイローのやり方:始め方編

ここではハイローのやり方の内、「始め方」を解説していきます。

口座開設やデモ取引のやり方がわからない方もこちらを参考にしてください。

取引種類を選択

ここからは口座開設した、またはデモ取引を利用する方を対象に解説を進めていきます。

まずハイローでは取引種類を選択します。

ハイローで用意されている取引種類は次の4種類です。

HighLow
15分。1時間、1日から選択することができるハイローで最もスタンダードな取引種類です。

HighLowスプレッド
HighLowにスプレッド幅を設定した取引種類です。取引時間はHighLow同じですがペイアウト率が高く設定されています。

Turbo
30秒、1分、3分、5分から選択可能なハイローの短期取引です。ペイアウト率は時間が短くなればなるほど高くなるように設定されています。

Turboスプレッド
Turboスプレッドにスプレッド幅を設定した取引種類です。取引時間はTurbo同様でペイアウト率が高く設定されています。

上記4つの中ではHighLowが最もオーソドックスな取引であるため人気であると言えます。

また名称に「スプレッド」という記載があるものはペイアウト率が高く設定されいる反面、予め設定されているスプレッド幅(価格の幅)が上乗せされたレートで約定しますので通常より難易度が高くなってしまうのが特徴です。

対象銘柄を選択

次に対象銘柄を選択していきます。ハイローの対象銘柄には次のものがあります。

HighLow / HighLow スプレッド

原資産 取引時間(開始ー終了)
AUD/JPY, AUD/NZD, AUD/USD, CAD/JPY, CHF/JPY, EUR/AUD, EUR/GBP, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/AUD, GBP/JPY, GBP/USD, NZD/JPY, NZD/USD, USD/CAD, USD/CHF, USD/JPY
  • 15分単位 – 15分毎 (8:00am ~ 翌日6:00am)
  • 15分単位#2 – 15分毎 (8:05am ~ 翌日5:50am)
  • 15分単位#3 – 15分毎 (8:10am ~ 翌日5:55am)
  • 1時間単位 – 1時間毎 (8:00am ~ 翌日6:00am)
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (7:00am ~ 翌日6:00am)
BITCOIN (XBT/USD), ETHEREUM, RIPPLE, LITECOIN
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (7:00am ~ 翌日6:00am)
ゴールド
  • 15分単位 – 15分毎 (8:00am ~ 翌日6:00am)
  • 15分単位#2 – 15分毎 (8:05am ~ 翌日5:50am)
  • 15分単位#3 – 15分毎 (8:10am ~ 翌日5:55am)
  • 1時間単位 – 1時間毎 (8:00am ~ 翌日6:00am)
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (7:00am ~ 翌日6:00am)
USOIL
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (7:00am ~ 翌日5:00am)
UKOIL
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (9:00am ~ 翌日5:00am)
AUS200
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (9:00am ~ 3:00pm)
JPN225

前場:

  • 1日単位 – 1営業日、1回 (9:00am ~ 11:30am)

後場:

  • 1日単位 – 1営業日、1回 (12:30pm ~ 3:00pm)
HKG33

前場:

  • 1日単位 – 1営業日、1回 (10:30am ~ 1:00pm)

後場:

  • 1日単位 – 1営業日、1回 (2:00pm ~ 5:00pm)
GER30
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (4:00pm ~ 翌日12:30am)
FRA40
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (4:00pm ~ 翌日12:30am)
UK100
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (4:00pm ~ 翌日12:30am)
US30, NAS100, SPX500
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (10:30pm ~ 翌日5:00am)
CHN50
  • 1日単位 – 1営業日、1回 (10:30am ~ 12:30pm & 2:00pm ~ 4:00pm)
Turbo / Turbo スプレッド

原資産 取引時間(開始ー終了)
AUD/JPY, AUD/USD, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/JPY, NZD/JPY, USD/JPY
  • 30秒毎 (8:00am ~ 翌日5:00am)
  • 1分毎 (8:00am ~ 翌日5:00am)
  • 3分毎 (8:00am ~ 翌日5:00am)
  • 5分毎 (8:00am ~ 翌日5:00am)

※ 時刻はすべて日本時間にて表示されております。
※ 営業日については、各市場の祝祭日に準じます。

ハイローの対象銘柄は全34種類から選択することができます。

また対象銘柄によって対応している取引時間等が異なることに注意してください。

対象銘柄によって変動幅やトレンドは大きく異なりますので対象銘柄の選択は慎重に行いましょう。

取引時間を選択

対象銘柄まで選択できたら次は取引時間を選択します。
ハイローで用意されている取引時間は以下のようになります。

HighLow
15分 1時間 1日

HighLowスプレッド

15分 1時間 1日

Turbo

30秒 1分 3分 5分

Turboスプレッド

30秒 1分 3分 5分

取引画面の説明

ログインしたら下記のような画面が表示されます。

ハイロー取引の流れ

そして、実際にハイローでの取引は、以下の流れで行います。

取引の流れ

  1. 取引タイプの選択
  2. 通貨ペアの選択
  3. 通貨ペアと取引時間
  4. 掛金の決定
  5. High or Lowを選択
  6. 「今すぐ購入」をクリックしてエントリー

それでは各項目について詳しく説明していきます。

取引タイプ①【HighLow

どんなタイプの取引?

現在の価格と比べて、各節目時間における価格が、高いか?低いか?を予想する取引です。

節目時間は

「15分」、「1時間」、「1日」の3種類から選ぶようになっており、現在の時間からどれくらい先の価格を予想するかによって変わります。

 

各取引時間におけるペイアウト率は以下のように設定されています。

ペイアウト率

  • 15分:1.85倍
  • 1時間:1.90倍
  • 1日:1.95倍(通貨ペア・GOLD)

※通貨ペア・GOLD以外の商品(仮想通貨など)はペイアウト率が異なります。

取引タイプ②【Turbo

エントリーした時間から、選択した時間が経過した後に価格が高いか?低いか?を予想する取引です。

選択できる時間は「30秒」、「1分」、「3分」、「5分」の4種類があります。

例えば30秒取引を選択した場合、エントリー瞬間からちょうど30秒後の価格が現在より高いか?低いか?を予想する取引となっています。

Turboのペイアウト率

Turboは上記の通り、5分以内の短時間での取引です。

時間によってペイアウト率が違い、

Turboのペイアウト率は

  • 30秒:1.95倍
  • 1分:1.90倍
  • 3分:1.90倍
  • 5分:1.85倍

となっており、時間が短いほどペイアウト率が高くなっています。

取引の流れ

  1. 「Turbo」を選択
  2. 通貨ペアを選択
  3. 判定時刻を選択
  4. 掛金を入力
  5. 「HIGH」または「LOW」をクリック
  6. 「今すぐ購入」をクリックしてエントリー

取引タイプ③【HighLowスプレッド】

基本的には「HighLow」の取引方法と同じなのですが、エントリーした瞬間から不利な価格での取引となっています。

その代わり、ペイアウト率が2.00倍となっています。

下記の画像は実際のHIghLowスプレッドの取引画面です。

USD/JPYの現在価格は107.817円ですが実際にエントリーした場合

High:107.822円

Low:107.812円

となっており、現在価格に対して+/-0.005円のスプレッド(価格差)が発生しています。

ハイロー HighLowスプレッド

つまりスプレッド分、価格が不利なレートとなっているため通常よりも大きく予想した方向に価格が動いてくれないと負けてしまいます。

今回はUSD/JPYを例に紹介しましたが、発生するスプレッドは通貨ペアや選択する判定時刻によって異なります。

取引タイプ④【Turboスプレッド】

基本的には「Turbo」と同じなのですが、エントリーした瞬間から不利な価格での取引となっています。

その代わり、ペイアウト率が2.30倍~2.00倍となっています。

下記の画像は実際のHIghLowスプレッドの取引画面です。

USD/JPYの現在価格は107.440円ですが実際にエントリーした場合

High:107.441円

Low:107.439円

となっており、現在価格に対して+/-0.001円のスプレッド(価格差)が発生します。

ハイロー Turboスプレッド

通貨ペアと取引時間

ここの項目で、「どの時間の価格を予想するか?」を選択します。
(下記の画像では、取引タイプで「HighLow」を選択し、通貨ペアで「USD/JPY」を選択し、2時05分の判定時刻を選択しています)

つまり、2時5分のUSD/JPYの価格が現在価格(110.334円)より高いのか?低いのか?を予想するということです。

掛金(エントリー金額)

1回のエントリーでの掛金(エントリー金額)を入力します(1,000円〜20万円)

High or Low

価格が高くなるか「High」、低くなるか「Low」を選択し、

最後に「今すぐ購入」を押すとエントリー完了です。

また、右上の「ワンクリック注文」をONにすることにより、
「HIGHまたはLOW」どちらのボタンのワンクリックでエントリーが可能となります。

転売機能

ハイローには「転売」という機能があります。

転売とはエントリー後、判定時刻より前に利益(または損失)を確定できる機能のことです。

ハイロー転売

ハイローのやり方に関する注意

ここではハイローのやり方を覚えた後に注意すべき事を解説していきます。

規約に反する取引をしない

これはハイローに限った話ではありません。

どのバイナリーオプションで取引するにしても必ず規約の範疇で取引をしなければいけません。

例えばハイローでは以下のような行為を禁止しています。

キャプチャ15

上画像に明記されている行為に該当するとハイローが判断した場合、口座を強制的に解約されてしまいます。

強制的に解約されてしまうと出金に応じてもらえなくなるため口座に残っている利益が一瞬で無くなることになります。

出金条件を満たしているか確認する

やり方を一通り理解して取引にも勝てるようになったら出金するときが必ず訪れます。

出金する際はまず出金条件をしっかりと満たしているかどうかを確認するようにしましょう。

まとめ

ここまでハイローのやり方について始め方と稼ぎ方に分けて解説してきました。

ハイローは他の業者と比べて利用者が多いだけでなく資金管理をしっかり行っているため安全に取引することができます。

ただし、それ故に口座開設時には厳格な本人確認が実施されていたり規約違反で口座凍結や強制解約といった厳しい措置を受ける可能性があることを覚えておきましょう。

 

Japanese all-rounder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です